会社概要

代表者挨拶

今、環境に対して私たちができること。

北清グループは、創業以来廃棄物処理に携わり、四十五年の歴史を経ることができました。関係各社のご厚諠の賜物であることを感謝申し上げますと共に、今後も、北清グループの前進にご支援とご協力を賜りたくお願い申し上げます。

現社会において環境問題を考えずに、社会の構築は考えられない重要な基本的要素となりました。日本はもとより、地球的規模に論じられる大気汚染、環境汚染、海洋汚染、湖沼汚染、人工衛星の残骸の飛散問題等々、果てしなく公害が広がっております。地球に暮らす全人類の生活、健康に係わる問題としてのグローバル的な思考は最早、国家間の問題ではなく世界の各企業のモラルの問題として取り上げられてきました。地球に暮らす人類の環境に対する「掟」が、段々と厳しさを増していく昨今、わが国における法整備も一段と厳しさを増し、不適正排出業者、不法処理業者への法規制が企業の存続の可否まで問われようとしております。

当社は九州に進出する十年前に、このような法規制を先取りし国の環境基準値を大幅に下回る設備機器を導入、社会の環境ニーズに応えてきました。 我々の廃棄物処理業は社会の静脈産業にたとえられるように、その範囲は多岐にわたりあらゆる廃棄物の処理処分を安全に処理し、焼却溶融炉より排出された焼却灰(スラグ、飛灰)をもリサイクルする循環型システムを完成させることに成功したのであります。県内における唯一の高温での焼却処理施設は他の都市に類を見ない優良施設として自他共に評価されるところであります。

平成12年の不適格乳製品の大量処分、平成14年の狂牛病等の肉骨粉の処理、汚染された土壌の処理など、当社は確実に静脈産業の雄として、後世に役立つ企業に成長しつつあります。

代表取締役会長 川井雄一 

このページの先頭へ

ホームに戻る ホーム » 会社概要 » 代表者挨拶

新着情報
会社概要
代表者挨拶
概要
理念
沿革
主要取引先
資格保持者
北清グループ
ISO認証
電子マニフェスト運用状況
事業内容
取扱い廃棄物
溶融キルン炉
 キルン炉の紹介
 中和処理
 フロン類破壊処理
 排ガス 測定値の記載ページ
 オゾン消臭装置の紹介
 消臭剤(テクノ大地X・O)の紹介
リサイクル事業
 スラグ・飛灰のリサイクル
 圧縮処理
 廃油リサイクル
 破砕処理
 資源センター(廃プラスチック類のリサイクル・太陽光発電事業)
 太陽光発電事業(北清ファクトリー内)
収集運搬業
 車両紹介
タンク・ピット清掃
 タンク清掃・ピット清掃・油水分離槽清掃
ASR
 2018年度 九州北清㈱のASR投入施設活用率
社会貢献
環境保全への取り組み
 ハイブリッド&低燃費車以上の営業車の採用
 廃棄物発電によるCO2の削減
 植栽活動
 排水ゼロ施設
 太陽光発電
地域貢献
 自治会・老人クラブ・小学校などの環境教育の場として
 献血運動
 不法投棄等の撤去ボランティア
 工場周辺の清掃活動
 新燃岳噴火による火山灰の清掃作業を実施。
社会福祉
 自治体への寄付
安全への取り組み
防災訓練他
安全設備の紹介
社内講習会
緊急時における対応状況(BCP)
よくある質問
採用情報
社内行事
大型車両運転手の募集
事業系助手の募集(パート社員)
個人情報保護方針
お問い合わせ
リンク集