事業内容

キルン炉の紹介

焼却設備のながれとしくみ

弊社が採用した溶融キルン炉は1,350度〜1,500度の温度で廃棄物を処理することができるため、従来処理困難であった難燃性の廃棄物も処理することができ、通常の産業廃棄物をはじめ、ほとんどの特別管理産業廃棄物を処理することができます。

またキルン炉を採用することにより、固形・泥状・粉体・液体の廃棄物に加えフロンなどのガス状の状態においても取り扱うことが可能です。

高温処理によりダイオキシンなどの規制物質も極限まで削減でき、また発生熱のサーマルリサイクルや溶融物のマテリアルリサイクルも可能な環境に配慮した施設となっております。

check.pngCHECKアイコンをクリックすると詳細が表示されます。

このページの先頭へ

ホームに戻る ホーム » 事業内容 » 溶融キルン炉 » キルン炉の紹介

新着情報
会社概要
代表者挨拶
概要
理念
沿革
主要取引先
資格保持者
北清グループ
ISO認証
電子マニフェスト運用状況
事業内容
取扱い廃棄物
溶融キルン炉
 キルン炉の紹介
 中和処理
 フロン類破壊処理
 排ガス 測定値の記載ページ
 オゾン消臭装置の紹介
 消臭剤(テクノ大地X・O)の紹介
リサイクル事業
 スラグ・飛灰のリサイクル
 圧縮処理
 廃油リサイクル
 破砕処理
 資源センター(廃プラスチック類のリサイクル・太陽光発電事業)
 太陽光発電事業(北清ファクトリー内)
収集運搬業
 車両紹介
タンク・ピット清掃
 タンク清掃・ピット清掃・油水分離槽清掃
ASR
 2017年度 九州北清㈱のASR投入施設活用率
社会貢献
環境保全への取り組み
 ハイブリッド&低燃費車以上の営業車の採用
 廃棄物発電によるCO2の削減
 植栽活動
 排水ゼロ施設
 太陽光発電
地域貢献
 自治会・老人クラブ・小学校などの環境教育の場として
 献血運動
 不法投棄等の撤去ボランティア
 工場周辺の清掃活動
 新燃岳噴火による火山灰の清掃作業を実施。
社会福祉
 自治体への寄付
安全への取り組み
防災訓練他
安全設備の紹介
社内講習会
緊急時における対応状況(BCP)
よくある質問
採用情報
社内行事
個人情報保護方針
お問い合わせ
リンク集